iPhoneが水没してしまった!乾かすだけで直る?

jydtytd
あなたはこれまで日常生活の中でふとした瞬間の事故で、iPhoneを水没させてしまったことはあるでしょうか。
そんな時どのような対処をすればいいかわからず、とりあえず乾燥させれば直るなんて考えたことはありませんか?
あなたは自分のiPhoneが水没してしまった際には乾燥させるだけで直ると思いますか?
ちょっと雨やお風呂で水分を含んでしまったから乾かせばすぐに使えるでしょと思いの人も多いかもしれません。
すべての水分をしっかりと適切な方法で乾燥をさせることができればそれは、乾燥させれば直りますが、乾燥のさせ方を間違えると、重大な故障に繋がるので注意が必要です。
しかし一体、どのようにして対処することができれば水没から復旧させることができるのでしょうか。
そこで今回はそんな水没してしまったiPhoneを乾燥させる時の注意点について紹介していきましょう。

ドライヤーでの感想は危険

もしあなたがiPhoneが水没して乾燥させようと考えたときに、多くの人が乾燥させるためにはドライヤーが思い浮かぶ人も多いと思いますが、それではかえって余計に壊れてしまう可能背が高いので、絶対にやってはいけません。
なぜドライヤーでの感想が危険なのかというと、iPhoneに使われている基盤というのは熱に非常に弱いので、ドライヤーを使って感想をすると、基盤自体がダメージを受けてしまい取り返しのつかない故障につながる恐れがあるのでお勧めできません。
熱で水分を飛ばすためには40~60度近くの温度が必要になりますが、iPhone自体が耐えられる温度というのはだいたい35度前後なのでそれ以上の熱が生まれてしまうドライヤーは、壊れることを促しているのと同じ行為なのです。
ドライヤーなので乾燥させることはできるかもしれませんが、自分が火傷をしてしまったり、その熱によって端末自体が壊れてしまい、端末の基板の腐食や錆を進める元になっては元も子もないので絶対にやめてましょう。

乾かすために乾燥剤に入れてもダメ

一度iPhoneに入ってしまった水はすぐに全てを取り除くことができません。
それだけではなく、結果的に中途半端になって腐食がしてしまっていたり、後々故障してしまったなんて話はよく聞きます。
そのため、中途半端に自分での処理をするよりもすぐに修理へ持っていくことをお勧めします。
さらにiPhoneのバッテリーはリチウムイオンということもあって、少しの水分でも侵食してしまったり、腐食をしてしまったりと故障を防ぐことが難しいのです。
iPhoneが使えているからといって、そのまま使い続ければ、最悪の場合液漏れや破裂などの大事故につながってしまうこともあり、もしそんな事故にあなたが巻き込まれてしまっては、一生の傷を負ったりもっと高い費用の修理費用を必要とする場合もあるので、水没をして応急処置をしたとしても、最終的にはk必ず修理へ出すようにしましょう。

以上が水没してしまったiPhoneを乾燥させる時の注意点についてでした。
水没してしまった時点での応急処置での乾かすという行為は非常に大切で、iPhoneを復活させるためには有効ですが、その処置がすべてでないことと、その処置が適切ではない場合には、逆効果になってしまう恐れもあるので、最終的には必ず水没してしまったのであれば、しっかりと修理屋さんへ依頼して、あなたのiPhoneを直してもらうことをお勧めします。
iPhoneが水没!今すぐ専門店へ

検索フォーム

iPhone水没サイト情報

アーカイブ